キャッシングの指南書

キャッシング審査でとても重要な他社からの借り入れ状況

キャッシング審査では収入がとても重要です。しかし、それ以上に重要なのが他社からの借り入れ件数と借り入れ金額なのです。

一般的にはやはり収入額が最も重要な要素だと思われている部分もありますが、収入が多くても借り入れ件数が多いと審査には通過できない可能性が高くなります。

まず一つの目安となるのが、3件という借り入れ件数です。既に他社から3件の借り入れを受けている場合、新規に申し込みをしたキャッシングの審査は非常に通過しづらくなってしまいます。これだけの借り入れを受けているということは、返済能力に大きな影響が及んでしまう確率が高くなる為です。

キャッシング会社は貸し倒れのリスクが高い利用者に対して、融資を行ってはくれません。

借り入れ件数が3件未満でも、借り入れ金額が大き過ぎる場合もやはり審査には通過しづらくなります。特に、既に他社から合計で年収の3分の1に近い金額を借りてしまっていると、消費者金融のキャッシングでは審査に通過できないと言っても過言ではありません。

消費者金融のキャッシングでは総額で年収の3分の1までの金額しか借りることができないので、既に余地がなくなっているからです。つまり、「融資しない」のではなく「融資できない」状態になってしまっていることになります。

これらの点はキャッシング審査でとても重要な点ですから、申し込み前に他社からの借り入れ状況をきちんと把握しなおす必要があります。