借り換え

キャッシングの借り換えはタイミング次第でとても有効です

投稿日:

キャッシングの借り換えは、タイミング次第でとても有効な手段になります。では、どのようなタイミングで借り換えをすればいいのかと言うと、それは合計した借り入れ金額が100万円以上になった時です。

キャッシングの金利は限度額によって変わりますが、その限度額が100万円未満の契約では年利18%程度の最高金利が適用されるケースがほとんどです。しかし、1社で100万円以上の限度額になると、どこを利用しても最高でも15%まで下がるのです。

これは、利息制限法によって100万円以上の融資に対して請求できる金利の上限が年利15%までと定められている為です。よって、キャッシングの利用が合計して100万円以上になった時には、それらを借り換えて1社にまとめてしまうことで、最高でも15%の金利になります。

例えば3社を利用して、それぞれ年利18%の金利で合計100万円の借り入れを行っている場合、1ヶ月に発生する金利の額は合計して約14,800円になりますが、金利が15%に下がると、金利の額も約12,300円まで下がります。

このように、100万円の場合で1ヶ月の金利の差にして約2,500円にもなるので、借り換えがいかに有効なのかが分かります。この100万円をタイミングとして、是非借り換えを考えてみてください。