キャッシングの指南書

多重債務者とならないように契約前にしっかり勉強しましょう

投稿日:

地方銀行や信用金庫などを利用されている方は、営業や窓口の方に「とりあえずカードローンの申し込みだけして下さい。使わなくて構いません」などとカードローンの勧誘を受けることがあります。現在金融機関が日銀にお金を預けると利息が取られます。ですから行き場を失った預金をカードローンとして貸したいのです。

ここで訳も分からずにカードローンを契約することは止めて下さい。銀行や信用金庫のカードローンの金利は、低めだと言えども年14%ほどかかります。何となく契約して何となく使ってしまうと、あっという間に数十万円ほど借り入れ残高が残ります。返済のために新たに借り入れて自転車操業的になりかねないのです。

ですからですからカードローンの契約の際には、営業の方の甘い誘いには乗らずにきちんと勉強してから契約する必要があります。