キャッシングの指南書

気軽に借りられるキャッシングが増えてきて、いざという時に助かっています

お金持ちならいざ知らず、一般庶民なら普段から余分に使えるお金はたくさん持っていないので、もし何か急にお金が入用になった場合はどこかからお金を借りることになります。でも最近は不況なので、大抵みんな羽振りがよくないので、お金を貸してと頼んでもどうせ断れるだろうし、たとえ親戚だろうと、他人にお金を貸してと頼む事自体がやりにくい空気に世の中がなっていると私の周りをみていて実感しています。しかし最近は便利な世の中になったもので、軽い審査を受けるだけでカンタンにお金を借りらえることができるようになりました。

私がお金を借りたのは消費者金融から10万円程度でしたが、そういう風に消費者金融から融資を受けたりATMなどの機械を通してお金を借りることをキャッシングといいます。消費者金融は一時期は高金利で色々と社会問題になっていましたが、今ではグレーゾーン金利も廃止されているので、知らない間に借金が莫大で自己破産もやむなしという事も少なくなってきているようです。とはいえ、ご利用は計画的にという格言はいつの時代でも正しいのは確かですが、今すぐお金が欲しいという人にとっては本当にありがたい存在です。

私の知る限りの話ですが、100万円までなら審査不要ですぐ貸してくれる所もあるらしいですし、最近ドラマにもなった闇金に頼るよりはよっぽど健全で庶民の味方だと思います。